梅雨まっただ中

梅雨まっただ中です。
傘を買いました。
雨の日用の黒地に猫柄のもの。
ちょっと小さくて短い黒い日傘。

日傘は白いレース生地のを持っていました。
晴雨兼用でなかなか良かったのですが、
天然素材の生地のため、何年も使っていると
骨のまわりが茶色く変色したり、
全体的に黄ばんだりしてきたのです。
開いた時に近寄られるとちょっと恥ずかしいな、
くらいの感じです。
捨てないで2番手に取っておきます。
“梅雨まっただ中”の続きを読む

シャンプーをしながら頭皮ケアを

髪を洗う時にヘッドスパを取り入れてみましょう。顔と同様、頭皮も保湿が大事です。頭皮もお手入れできるシャンプーやトリートメントを使ってするヘッドスパは、潤いを与えながら、硬くなった頭皮をほぐすことで、次に生えてくる髪の健康をサポートします。

ヘッドスパの方法

1.シャンプー前に髪全体をブラッシングして、髪のもつれを取ると同時に、頭皮に軽く刺激を与える。頭皮にブラシが垂直に当てるとキズつけてしまう危険性があるため、ブラシを少し寝かせ、回転させながらとかしていきましょう。

2.髪と頭皮をぬるま湯で軽く洗う。そのあと、シャンプーを手のひらにとり、軽く泡立ててから、頭皮の何か所かに分けてのせる。爪を立てずに指の腹を使ってマッサージするように洗う。最後に髪を、泡で撫でるように洗ったあと、よくすすぐ。

3.頭皮のお手入れもできるトリートメントを手のひらにとり、髪全体と頭皮に馴染ませる。頭皮を軽くマッサージしたあと、よくすすぐ。

4.頭からタオルをかぶり、そのまま頭皮をおさえるようにしながら水気をとる。このとき、軽く指で頭皮をもみほぐすようにマッサージをする。残った水気はドライヤーで乾かす。

シャンプー後は必ずヘアードライを

髪を洗った後、濡れたままにしていませんか?髪を自然乾燥させている間、頭皮はずっと湿った状態になるため、バリア機能が低下し、炎症や湿疹が起こりやすくなります。されに髪が濡れたまま寝てしまうと、頭皮が蒸れるため、より悪い環境に。開いたキューティクルが枕などでこすれて壊れ、枝毛や切れ毛になる可能性もあります。

洗髪後は必ずドライヤーを使って髪の内側から乾かし、頭皮が湿ったままにならないよう気を付けましょう。髪のダメージを防ぐため、ヘアケア剤を塗り、ドライヤーの温度設定と髪までの距離を適切にたもつことも忘れずに。

このように、確かなヘアケアを日頃からしていれば、頭皮が臭いが気になることはないでしょう。頭皮のニオイは自分では気付きにくいにおいなので、十分に気をつけておきたいところですが、中々他人は頭皮のにおいを指摘してはくれません。自分の枕が臭ったり、家族に訪ねてもし自分の頭皮がにおうようなら、早めに頭皮の臭い消し対策をおすすめします。

頭皮のにおいは、日頃のヘアケアが大切なことは当然ですが、もし、ヘアケアしても頭皮のにおいが気になるようでしたら、クリアハーブミストをおすすめします。

現在、頭皮のにおいを解消するアイテムは数多くありませんが、クリアハーブミストは評判も良いです。頭皮のケア、頭皮のにおい、大人の女性の常識ですね。