保険適応外の治療

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。キレイモ 大阪

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。